セメギアイの継続

210975

今年は6月に一度千歳でハーフマラソン走りましたが、10月は2回大会に出てみました。
日ごろから走ってはいるからといって、そう簡単に速く走れる距離ではないんですね。
フルマラソンなんてどんだけ辛いのか・・・(笑)

ぼくの場合、基本的にはハーフ後半の残り5キロ付近で楽になりたいという欲求との戦いです。
きっと集中力が無いせいです(笑)。そして札幌マラソンのときには歩いてしまい大後悔。
その後の北海道ロードレースは集中力が長く続いた記憶があります。そのおかげか前回より30分縮まる自己ベストのタイム。
練習も含め大会で走るのもほんと辛いです。しかしどうすればそういう気持ちをクリアできるか。クリアというのはせめぎ合いのまま終われるかということです。勝てなくてもいいのでぼくはせめぎ合いです(笑)。白黒はっきりしないんですずっと。

考えてみると仕事や普段の生活などでも似たような場面はいくらでもあると思います。
その都度、自分とのせめぎ合いのなかで判断して進む。という作業をするのであればマラソンも変わらないです。
ただ体力をある程度つけなくてはならない点は違うかもしれないです。
しかしその他は普段の生活となんら変わりないです。毎回どう言い訳考えて乗り切るか、もしくはこうしたらもっと良くなるんじゃないか。なんてさまざまなことを考えて判断するわけです。
長い時間走るといろいろ考えてしまいます。もう1人の自分が、おまえ歩く言い訳考えてるだろ?とか、これくらいで歩いてたらこれからどうやって生きていくんだよ。みたいに追い込んできます(笑)それに対して負けたくないと・・・!と自分を奮い立たせられればいいんですがなかなか難しいですね。これに屈すると歩いちゃって大後悔(笑)
こんなこと何度も繰り返しながらも続けるんだと思います。なんかこういう長い戦いや冒険が、子どものころ何度もやってたドラクエやファイナルファンタジーに似てて面白いのかもしれないのでドラクエ好きだった人は一緒に走りましょう。
来年もまた出るので地道にコツコツ走ります。
走れば走るほどいろんなこと考えられて面白いですきっと。